急な出費などに備えてカードローンを作っておくと安心!

しかしカードローンを申し込むと誰でも発行してもらえるわけではなく、銀行も消費者金融会社も所定の審査を行って、基準に達している人にしかカードローンを発行していません。

また審査に通りやすいかどうか以外にもカードローンによってそれぞれ特色があり、自分の使い方に合っているものを選ぶと安心して利用できます。そこで下にあるランキングを参考にして自分に合っていて審査にも通りやすそうなカードローンを探してみましょう。

申込みの多いカードローン

ランキングを見てみると銀行のカードローンも消費者金融会社のカードローンも、金利の高いところから低いところまで様々であるのが分かります。また当然ながら審査の基準も異なってきます。同じ人が申し込んでも問題なく審査に通るところとそうでないところがあります。自分の属性を考慮しながらそれぞれの銀行や消費者金融を比較して、最も自分にあっていて審査に通りやすいところを探すと良いです。少し手間がかかりますがじっくりと吟味する事が大切です。

セブン銀行ATMならスマホだけで入出金が可能!

200*200
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
WEB完結申込みなら電話連絡なし、郵送物なし!
  • 金利 3.0~18.0%!最大限度額 800万円!
  • WEB完結申込なら電話連絡、郵送物なし!(*1)
  • 最短で即日融資が可能(*2)
  • カードがなくてもスマホでATMが使える(*2)
  • パート・アルバイト・主婦でも安定した収入があれば借り入れ可能
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
*1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
*2 即日融資には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。
*3 セブン銀行ATM(セブンイレブン、イトーヨーカドー等)でスマホでATMが使えます。
♪はじめてのアコム♪最短即日融資!30日間金利ゼロ!
  • 最短即日融資で急いでる人にも便利!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスではじめてでも安心!
  • クレジットカード一体型はアコムだけ!
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0%
  • 限度額は最高 800万円
※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。


一般的に銀行よりも消費者金融会社の方が審査に通りやすいと言われています。そのため特に借り入れをする具体的な予定はなく、あくまで急な出費に備えるためという目的であれば審査に通りやすいとされる消費者金融会社のカードローンを選ぶ人もいます。しかし貸金業法による規制の関係で消費者金融会社よりも銀行の方が審査に通りやすい場合もあります。こうした点を踏まえて自分に最適なカードローンを申し込みましょう。

また中には審査に通りやすいところを探すのが面倒であるという理由で、一度に複数の銀行や消費者金融会社に申し込みをするという人もいます。とりあえず審査に通ったカードローンを使うという考えです。しかしそうしたやり方は絶対にやってはいけません。これは多重申し込みと呼ばれていて、もしこれをしてしまうと申し込みをした銀行や消費者金融会社はもちろんのこと、それ以外の銀行や消費者金融会社からも厳しい目で見られるようになってしまいます。そうすると通常であれば審査に通りやすいはずのところでもカードローンの発行が難しくなります。

さらにもう1つ注意しておくべき点として、甘い言葉で宣伝しているところは避けるのが無難です。審査に通りやすいというくらいであれば申し込んでも特に問題ありませんが、通りやすいを通り越して誰にでも発行するという旨の所は危険です。当サイトではそういった危険なところは紹介していませんが、そのようなところは詐欺の可能性があるので十分に注意しましょう。

カードローンの審査の方法について

カードローンを申し込む際には、申込者に関する詳しい情報を申込先の銀行や消費者金融会社に伝える事になります。勤務先や年収や勤続年数など仕事に関する情報から居住形態や居住年数や家族構成など住居に関する事まで、申込用紙に詳細に記載しなければなりません。こうした情報を元に申込者に対してカードローンの審査が行われます。

この審査は申込先の銀行や消費者金融会社での基準を満たしているだけでなく、保証会社での基準も満たしている必要があります。この点でクレジットカードの審査とは大きく異なります。保証会社とは万が一借り入れ金の返済が不可能になった場合に、銀行や消費者金融会社に対して代位弁済をします。そのため保証会社から直接融資を受ける場合と同程度かそれ以上の基準で審査が行われます。

審査の際に見られる点については勤続年数や年収額などが一定以上あるかどうかが基準になり、銀行や消費者金融会社での審査とほぼ同じようにして行われます。ただしカードローン発行元の銀行や消費者金融会社とは審査の基準が具体的には異なるため、両方の審査に通るにはある程度の属性が必要になります。

また当然ながら現在までのローンやクレジットカードの利用状況も審査の対象になるため、毎月きちんと返済をしている人は審査に通りやすくなります。

居住年数や居住形態が審査の対象になる理由

カードローンを発行する際に銀行や消費者金融会社で行われる審査では、様々な点を考慮して行われます。まず年収や雇用形態や勤続年数などが重要である事は一般的に広く知られています。これは本人に返済能力が十分にあるかどうかを判断するためです。カードローンは無担保でお金を借り入れる事ができるため、本人の返済能力が非常に重要になります。

しかしこれら仕事や収入に関する事項だけでなく、居住形態や居住年数なども考慮して審査が行われます。こうした住居やに関する事は本人の返済能力と大きな関係はありません。しかし審査の対象にする理由として次のような事が挙げられます。

まず引っ越しが容易にできるかどうかという点を見ています。引っ越しが容易であれば返済が困難になった場合に予告なく引っ越して逃げられてしまう恐れがあるためです。一般的に持ち家より賃貸住宅の方が容易に引っ越しが可能です。また居住年数が長いと強固な生活基盤ができあがっているため引っ越しにくいですが、居住年数が短い場合は比較的簡単に引っ越す事ができます。そのため持ち家で居住年数が長い方が審査に通りやすい傾向にあります。

ただしこれらの住居に関する事項はあくまで補助的に考慮されるもので、信用情報や属性に関する事項と比べると審査に与える影響は限定的です。

家族構成が審査の対象になる理由

カードローンを発行する際に銀行や消費者金融会社で行われる審査は、借り入れ金をきちんと返済できるかどうかという判断する目的で行われています。そのため契約の当事者である本人に関する事項を中心に審査を行うのが基本です。

しかしカードローンを申し込む際の申込書には、家族構成を記入する欄が設けられているのが一般的です。借り入れを行う際には保証人を立てるという事が広く行われており、保証人が必要な借り入れを行う際には保証人に関する事項も審査の対象にされます。ところがカードローンは基本的に保証人を立てるという事をせずに借り入れを行います。

そこで、カードローンの審査で家族構成を考慮するのは何のためなのだろうかという疑問を抱く人も多いでしょう。理由は大きく分けて2つあります。

1つは自由に使えるお金がどの程度あるか見るためです。年収が同程度でも家族構成により自由に使えるお金は大きく異なります。所帯持ちの人の場合は自由に使えるお金は少なくなり、独身で実家暮らしの場合は多くなります。そして自由に使えるお金が多いと判断される家族構成であれば、審査に通りやすくなると言えます。

もう1つの理由として万が一本人による返済が困難になった場合に、家族が援助してくれる可能性を考慮するという事があります。家族は保証人ではないため法的にこうした義務は負いませんが、実際に本人が返済する事が困難になった場合、家族が助けてくれるケースがよくあるためです。しかし審査の結果に与える影響はそれほど大きくなく、あくまで参考程度に考慮されるに止まります。

多重申し込みが禁忌とされる理由

審査に通りやすいカードローンを探す手間を惜しんで、近い時期に集中して複数のカードローンを申し込む人が稀に見られます。そしてこうしたやり方をしている人は1つも審査に通らないケースがほとんどです。そういった場合は年収額などの属性に問題があるため審査に通りにくいと考える人も少なくありません。

しかし近い時期に複数のカードローンの申し込みをするいわゆる多重申し込みをすると、属性に関して何の問題もなくても審査に通りにくくなってしまいます。

具体的にはカードローンの申し込みを行うと、銀行や消費者金融会社は信用情報機関に信用情報の照会を行い審査をする事になります。その際に申し込みをしたという事実と審査結果も記録されます。短期間のうちに何社もの申し込みをすると、そのその記録が信用情報機関に残る事になり、そうなると当然怪しまれます。こうした理由から年収額などの属性に何の問題のない人でも、多重申し込みをすると審査に通りにくくなってしまいます。

また申し込みがあったという事実と審査に通らなかったという記録が残る期間は6ヶ月間です。この6ヶ月間は新規での借り入れは困難になります。その期間中に入院などで急に多額の現金が必要になるという可能性もありますが、そういった場合でも借り入れができなくなります。そのため多重申し込みは禁忌とされています。

アルバイトやパートでもカードローンを持てます

カードローンの審査においては年収や職業など仕事に関する事項は非常に重要な要素となります。借り入れをしたお金は働いて稼いだ金額の中から返済するためです。返済能力を見極めるには将来に亘ってどのくらい稼ぐ事ができるのかという事を中心に見て行く事になります。また申し込む際に記入または入力する項目として勤務先や年収額だけでなく、勤続年数や雇用形態の欄も設けられています。

一般的に雇用形態がアルバイトの場合は同じ勤務先の正社員と比較して年収額が低めです。また雇用の安定性という観点からみても同一企業の正社員よりも低い傾向にあります。こうした事からアルバイトとして働いている人はカードローンの審査に通らないのではないかと考える人も少なくありません。しかし消費者金融会社の多くは職業がアルバイトの人でも、勤続年数や年収額が一定以上であればカードローンを発行しています。また一部の銀行のカードローンでもアルバイトの人でも審査に通りやすい所がいくつかあります。

またアルバイトなどの非正規労働者の場合は、年収額や雇用形態以外の点でアドバンテージがあれば審査に通りやすくなります。特に信用情報が良好であれば、問題なく審査に通るケースが多いです。

カードローンの申し込みの際に必要な物

銀行や消費者金融会社がカードローンの発行に伴う審査を行う際には、申込者に関する詳細な情報を元に行います。その情報の元となるのは申込者が申し込みを行う際に、銀行や消費者金融会社に申告した内容と信用情報機関に登録されている情報が中心です。

ここで信用情報機関に登録されている情報は客観的に事実と異なる情報はありませんが、申込者が申し込みの際に記入または入力して申告した内容はそうとも限りません。また意図的に虚偽の記載をするつもりがなくても、記入ミスや入力ミスなどにより事実と異なる申告がなされてしまう場合もあります。

銀行や消費者金融会社はこうした事を防止するため、証明書の提出を求める場合があります。一般的にほぼ全ての銀行や消費者金融会社ではカードローンの申し込みの際に本人確認書類の提出を求めます。この本人確認書類は運転免許証や健康保険証が用いられ、コピーを送付する形になります。インターネットでの申し込みの際にはスキャン画像や撮影した画像ファイルをデータとして送るという方法に対応している所が多いです。

さらに借入限度額によっては収入証明書の提出が求められる場合もあります。銀行や証券会社によって多少異なりますが、一般的に借入限度額が50万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になる事が多いです。さらに新規で申し込むカードローンの借入限度額が50万円未満でも、他社からの借入金と合わせて100万円を超える場合も収入証明書の提出が求められる事が多くなります。

この収入証明書はサラリーマンの場合は源泉徴収票を用い、自営業者の場合は確定申告書を用いるのが一般的です。

個人信用情報機関について

カードローンやクレジットなどの詳細な利用状況に関しては自己申告ではなく、個人信用情報機関に登録されている情報を元に審査を行います。カードローンの審査に通るかどうか不安を感じている人の場合は、この信用情報機関に登録されている情報が気になるという人が多いです。

信用情報機関に登録される情報はローンやクレジットに関しての契約日や限度額、返済回数、返済状況などが記録されます。また返済に遅延が生じた場合や、返済が困難になり保証会社による代位弁済がなされた場合もその事実が記録されます。

カードローンの審査においては、過去に借り入れを行い遅延なくきちんと返済が完了しているという記録は実績としてプラスに評価されるのが一般的です。逆に過去に遅延が生じたり代位弁済がなされたりしている場合はマイナスとして受け取られます。また遅延や代位弁済がなくても、他社からの借入金を返済中で借入残高がある場合も審査に影響します。

この信用情報機関に登録されている自分の情報に関しては、所定の手続きを行う事により閲覧する事が可能です。もしマイナスに評価される覚えがないのに、審査に通らない場合は自分の個人信用情報がどのように登録されているのか確認してみると良いです。

専業主婦が持てるカードローンについて

専業主婦は配偶者である旦那さんに養われて生活をしています。そのためお金が必要な場合は旦那さんに相談して出してもらうのが一般的です。そして自らカードローンを持っていなくても旦那さんがカードローンを持っていれば急な出費があっても大丈夫だと考える人も多いです。

しかし旦那さんが海外出張などで長期間不在の場合はそうも行きません。そのような時に子供が急に入院するような事態になった場合は現金が必要になります。特に小さい子供がいる場合はこうした事態に備えておくことが大切です。

そこで専業主婦でも審査に通りやすいカードローンを申し込んでおくと安心できます。カードローンは銀行が発行しているものと消費者金融会社が発行しているものがありますが、銀行が発行しているカードローンのうち一部が専業主婦でも持てるようになっています。借入限度額は30万円から50万円程度のが多いですが、旦那さんが不在中に臨時に必要になった分を賄うという用途であれば十分な金額です。

また消費者金融会社のカードローンに関しては、どの会社のものも専業主婦は持つ事ができません。これは貸金業法の規定により、年収の3分の1を超える借入を消費者金融会社からはできないようになっているためです。

カードローンとクレジットカードのキャッシング枠との違い

カードローンは急に現金が必要になった時に使用するものですが、キャッシング枠付きのクレジットカードで代用しようと考える人も少なくありません。そうするとカードは1枚で済み、申し込みや審査も1回だけで済みます。

しかしクレジットカードのキャッシング枠を使ってキャッシングをする場合はカードローンを使ってキャッシングをする場合と比較して異なる点もいくつかあります。そしてATMから現金を借り入れる事に関しては、カードローンを利用する方がメリットが多いです。

具体的には金利がカードローンの方が安い傾向にあります。特に大きな金額の借入を行う場合は顕著になります。カードローンの金利は借入金額が高いほど低くなるのに対して、クレジットカードのキャッシング枠を使う場合は借入金額に関わらず金利が一定であるためです。さらに借入限度額に関してもカードローンの方が高く設定しやすい傾向にあります。

こうした事からカードローンを作る事が可能な状況であれば、クレジットカードの他にカードローンも作っておいた方がメリットが大きいと言えます。ただし発行の際の審査に関してはクレジットカードよりも、カードローンの方が若干厳しめに行われるのが一般的です。

カードローンの利息について

カードローンを申し込むとして銀行や消費者金融会社のホームページを見ると、利息が表示されているのを目にします。しかしカードローンを使った事のない人の場合は、具体的にいくら借り入れるといくら利息がかかるのかピンとこないという人も少なくありません。しかしどのくらい利息がかかるのかを知らないで使うと、後で思った以上の請求が来てしまうという事も考えられます。

そこで利息の計算方法を理解しておくことが大切です。まずホームページなどに記載されている利息はパーセントで表記されているのが一般的です。これは借り入れた金額に対して1年間でかかる利息を示しています。例えば8%と表記されていてい100万円を1年間返済をせずに借りていた場合は8万円の利息がかかる事になります。これが1年間ではなく6ヶ月間の場合は4万円になり、3ヶ月間の場合は2万円になります。このように借入期間に比例して利息の金額が変わりますが、1日単位で計算されるのが一般的です。そのため1日当たりの利息は8万円に365分の1をかけた金額になります。

実際には1ヶ月に1回一定額の返済を行うのが一般的です。このケースで毎月5万円の返済を行うとすれば、最初の1ヶ月の利息は6575円になります。5万円のうちこの分が利息に充てられ残りの43425円が元本の返済に充てられます。そして次の月以降は返済して減った元本に対して利息を計算する事になります。そうすると最初は利息の返済に充てられる分が多いですが、返済が進むにつれて利息に充当される金額は少なくて済むようになります。
10/23 通らなかったらどうしようと焦った住宅ローンのためのカードローン
現在は無事に審査も通り住宅ローンを支払いながら生活していますが当初、現在の自宅であるマンションを購入した時に主人が結婚前にカードローンの支払いが滞ってしまっていた時期があり支払いは無事に終わらせましたがその支払いが滞ってしまっていたことが原因で不動産会社が指定する銀行のカードローンが組めずもう少しで住宅を購入できなくなるところでした。 3つの指定された銀行の最初にカードローンをお願いした2つの銀行は支払いが停滞したことがあることを理由にカードローンを組むことを断られ...続きを読む
05/05 借りるのは良いがご利用は計画的に
地元から県外に引っ越しをしたさいに費用をカードローンから借りました。 金額は、50万円でATMから借り入れが出来て返済は毎月1万円でした。 お金を借りた時は、ボーナスや毎月の返済を多くして1年ぐらいで返済出来ると考えいました。 しかし実際は、来月から再来月から始めようとズルズルと返済が延びてしまいました。 その後も結婚して子供が出来ても返済が終わってない状態でした。 むしろ子供が出来てからは返済したくても返済できない状態になっており、毎月の1万を返していくのがやっとの状態でした。 もち...続きを読む

このページの先頭へ