借りるのは良いがご利用は計画的に

地元から県外に引っ越しをしたさいに費用をカードローンから借りました。

金額は、50万円でATMから借り入れが出来て返済は毎月1万円でした。

お金を借りた時は、ボーナスや毎月の返済を多くして1年ぐらいで返済出来ると考えいました。

しかし実際は、来月から再来月から始めようとズルズルと返済が延びてしまいました。

その後も結婚して子供が出来ても返済が終わってない状態でした。

むしろ子供が出来てからは返済したくても返済できない状態になっており、毎月の1万を返していくのがやっとの状態でした。

もちろん金利もありますので1万返しても実際に返せる金額は5千円程度です。

やっと最近になって返済がすべて終わりました。かかった期間が5年です。

その間の金利は無駄なお金です。

そのお金があれば、今より良い車に乗れたでしょうし旅行も多く行けました。

借りた時はそんな事を考えていませんでした。カードローンは借り入れが簡単ですし、まとも使えば便利な物ですが、私のように意思が弱い人間には危険な物です。

借りる期間が長いと無駄な金利が増えていきます。

よく金融関係のCMでも言ってるように計画的な利用をしないと駄目なんだと本当の意味で理解できました。かなり高い授業料を払ったと自分に言い聞かせて納得するようにしました。


関連記事

  • 借りるのは良いがご利用は計画的に (← この記事)

このページの先頭へ